やさしいネットワークとセキュリティ

ネットワーク・セキュリティエンジニアの視点から各種テクノロジーと資格試験対策をやさしく解説します。

DHCP

DHCPDynamic Host Configuration Protocol)とは、ネットワークに接続する各種端末にIPアドレスを自動的に設定する仕組みのこと

ネットワークで通信するには、各種端末に一意に識別するためのIPアドレスを設定する必要があります。

通信データに送信元、送信先のIPアドレスの情報が付与され、その情報を元にネットワーク上を辿っていきます。

ただ、パソコン、スマホやタブレットにユーザ自身がIPアドレスを設定するかというと、その必要はありません。

IPアドレスを自動的に設定するDHCPが備わっているためです。

DHCPには様々な工夫が盛り込まれている

  • 端末の再起動や、スマホを持ち歩いて複数の無銭LANを跨いだ場合には、端末からの要求で同じIPアドレスのまま使い続けられるようにします。これは端末とDHCPサーバ間で不要なやり取りを防ぐことで、ネットワーク帯域の無駄な消費を避けるメリットになります。
  • サーバなど固定のIPアドレスを付与し続けたい場合は、端末のMACアドレスやクライアントIDというオプションとIPアドレスを紐付けておきます。そうすることで、該当する端末からの要求には固定のIPアドレスを付与します。

DHCPサーバにはいくつかタイプがあり、家庭向け無銭LANルータや商用専用機器、サーバOS搭載のものがあります。

扱う端末台数や設定箇所などの利用環境によって、最適なものを選定します。

私たちの生活で欠かせないネットワークは様々な機能が働いて実現しています。DHCPはまさに黒子となって支えてくれているものです。