やさしいネットワークとセキュリティ

情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、技術士として、資格取得を目指す方に有益な情報を発信します。

平成24年度 春期 応用情報技術者試験 午後 問9【セキュリティインシデントへの対応】

 情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援士試験の午後問題を通じて、情報セキュリティの知識を体系的に蓄積していきましょう。

 キーワードに加え、設計やインシデント対応能力をシミュレーションできる良い学びの場ですので、試験合格はもちろん、情報処理安全確保支援士となった後も能力向上のために学習できるいい機会です。

 今回は、「セキュリティインシデント」の「セキュリティインシデントへの対応」を取り上げた「平成24年春 応用情報技術者試験 午後 問9」です。

 問題文中、設問に該当する部分ですぐに解答を説明しています。

 ストーリーとして何度も読みこなすと、自然に記憶に定着してくると思います。

平成24年春 応用情報技術者試験 午後 問9

問9 セキュリティインシデントへの対応に関する次の記述を読んで、設問1〜4に答えよ。

 E社では、外部から自社ネットワークへの不正アクセスなどの脅威に備えて、社内LANとインターネットとの接続ポイントにファイアウォールを設置している。それに加えて、よりセキュリティ強度を高めるために、ネットワーク型侵入検知システム(以下、IDSという)を図1のように設置した。

f:id:aolaniengineer:20200119145709p:plain

〔インシデントの発生〕

 IDSの稼働開始の翌日、情報システム部セキュリティ担当のF主任が業務終了後に帰宅しようとしたところ、IDSからのアラートに気付いた。すぐに、上司であるG課長に連絡し、対応を開始した。しかし、情報システム部では、インシデント発生時に、どのような関係部署や社外の関係機関に連絡すればよいかを文書化しておらず、連絡に漏れと遅れが生じた。

 アラートへの対応はG課長とF主任が中心になって実施し、対応に必要な要員を確保するのに時間を要したが、結果的に大きな問題は生じなかった。今回の事態を重視した情報システム部のH部長は、インシデント発生から対応完了までの手順に問題がなかったかを検証するために、F主任が作成したインシデント報告書を精査するとともに、G課長やF主任など、当日対応に当たった関係者から詳しい状況を聴取した。

〔インシデント対応の整理〕

 関係者から聴取した内容に基づいて、H部長は、今回のインシデントへの対応を、次の(1)〜(8)のように整理した。

(1)アラートの内容から、インターネット上の特定のサイトから自社のWebサーバに対するpingの発生頻度が高く、外部からの攻撃の疑いがあると判断した。その判断に基づいて、G課長とF主任が相談の上で、初動対応を次のように実施した。

 まず、危機管理担当部署など、インシデントの発生を認識する必要のある自社の関連部署に連絡した。次に、対応手順を検討し、”発生した事実の確認”、”影響の内容と範囲の調査”、”インシデントの原因と発生要因の特定”、”対策の検討と実施”の順で行うことにした。

(2)続いて、G課長は、アラートの内容から対応に必要となる要員を選定し、情報システム部のオペレーション室に参集するよう連絡を取ろうとした。しかし、全ての情報システム部の機能やネットワーク構成、及びシステムでの機能やデータの連携関係が詳細に把握できていなかったので、要員選定に非常に手間取った。

(3)必要な要員の参集後、G課長の指示の下で各要員が手分けして、次の(4)〜(8)の作業を進めた。

(4)アラートの発生状況や意味について事実を確認し、情報を整理した。また、インシデント発生時の状況を示す記録として、各サーバへのログイン状況、外部とのネットワーク通信状況、各サーバのプロセスの稼働状況に関する(a:ログ)をコピーした。

a:ログ

 「インシデント発生時の状況を示す記録」としてコピーするものは、各サーバに記録されたログになります。これはディジタルフォレンジックスという、セキュリティインシデント発生時に原因究明や法的証拠に必要となる電子的記録を収集し、解析を行うこと手段や技術の一つです。

(5)通常業務が終了した時間帯であったので、特段の連絡は行わずに、発生したインシデントとの関連が懸念されるネットワークセグメント(図1で、破線で囲った二つのセグメント)を、外部ネットワーク及び社内LANの他のセグメントから切断した。この点に関しては、残業をしていた部署から情報システム部の担当者にクレームがあった。

(6)インシデントによってもたらされた影響の有無とその内容・範囲を明確にするために、アラートに関連するログを調査し解析した。具体的には、サーバのシステムログからサーバへのログインやサーバ内のファイルへのアクセス状況を調査した。また、インシデントが検知されたネットワーク内の各サーバから外部に異常な通信がないかどうか、ファイアウォールとIDSのログを調査した。調査に当たっては、ログが(b:改ざん)されたおそれがないかを事前に検証した。ログの解析作業において、各ログ間の前後関係がすぐには特定できず、作業に手間取った。

b:改ざん

 ファイアウォールとIDSのログ調査の前にログに関して検証する内容です。

 ログの調査は、記録されたデータが正確であることが前提です。また、攻撃によってログが消去、改ざんされている場合があるため、ここでは調査前に改ざんされていないかを検証します。

(7)ログの調査結果と各種設定値の確認結果に基づき、インシデントの原因と発生要因の特定を進めた。その際、IDSではアノマリー検知における(c:誤検知)があり得ることを念頭においた。特定作業の結果、アラートが発せられた原因は、E社の取引先がE社のWebサーバとの通信における応答時間をpingコマンドを使って測定する際に、pingコマンドのオプション項目を誤って指定したことによって、pingが短時間に大量に発信されたことであったと判明した。

c:誤検知

 IDSのアノマリー検知とは、通常の通信パターンから逸脱したものを検出する検知手法のことです。設定内容によって、正常な通信を不正アクセスと判断したり、不正アクセスを見逃してしまったりという、誤検知が発生する可能性があります。

(8)インシデントの原因調査と並行して、社外の関係機関への連絡を準備するよう要員に指示したが、インターネット上の他サイトは連絡の対象外とした。これは、E社のサーバが(d:踏み台)に利用されたおそれが低いと判断したからである。

d:踏み台

 「インターネット上の他サイトは連絡の対象外」ということから、E社を中継して他サイトへ攻撃範囲が及ぶことを示しています。攻撃者が攻撃の中継地点として利用することを踏み台といい、それにより攻撃の送信元を隠蔽することができます。

 踏み台と利用されている場合は、該当する他サイトに対して事実通知と釈明を含めた連絡を行う必要があります。 

 その後、インシデントの発生要因への対策、システムの復旧、再発防止策を実施した。

〔H部長の意見〕

 インシデント対応の経緯を整理したH部長は、G課長に次のような指摘をして、対応手順を見直すよう指示した。

(1)インシデント発生時の連絡体制の整備について

  • 今回関係者への連絡が遅れたという事実への反省から、インシデント発生時に連絡すべき社内各部署の責任者、及び外部の機関を一覧にして連絡先を記載し、それを関係者に配布する。
  • インシデントの内容や発生場所に応じて、(e:召集すべき要員をあらかじめ選定)し、連絡先とともに文書化する。
e:召集すべき要員をあらかじめ選定

 問題文に以下の記述が課題でした。

全ての情報システム部の機能やネットワーク構成、及びシステムでの機能やデータの連携関係が詳細に把握できていなかったので、要員選定に非常に手間取った。

  これに対応するためには、インシデント発生の都度、要員の選定を行うのではなく、あらかじめインシデントの内容や発生場所に応じて要員を選定しておくことが必要です。

(2)対応手順の整理について

  • 一部の部署には影響があったが、対応手順に大きな問題はなかった。しかし、対応手順をその場で検討するのではなく、インシデントの内容や発生場所ごとに手順をあらかじめ想定して、それを文書化しておくべきである。
  • 〔インシデント対応の整理〕の(5)については、今回の対応ではやむを得なかったが、セキュリティに関する攻撃を受けたおそれがあるなどの限定された状況以外では、ネットワークの切断を実施すべきではない。まず、対応手順の実施によってインシデントの影響範囲を拡大させないこととともに、インシデントの原因・影響の調査に必要となる記録を消滅させないことや業務へ影響を及ぼさないという、二次的損害の防止を考慮して対応手順を実施すべきである。また、実施に当たっては、(f:影響を受けるおそれのある部署への事前連絡)を怠らないことも重要である。あわせて、意思決定プロセスや判断基準をあらかじめ制定しておくことも検討すべきである。
f:影響を受けるおそれのある部署への事前連絡

 〔インシデント対応の整理〕の(5)の以下の記述や「業務へ影響を及びさないという、二次的損害の防止を考慮して」ということから、関係者への事前連絡が必要です。

(5)通常業務が終了した時間帯であったので、特段の連絡は行わずに、発生したインシデントとの関連が懸念されるネットワークセグメント(図1で、破線で囲った二つのセグメント)を、外部ネットワーク及び社内LANの他のセグメントから切断した。この点に関しては、残業をしていた部署から情報システム部の担当者にクレームがあった。

  事前通知があれば、それに向けての準備ができるので、今回のようなクレームは発生しにくくなります。

  • 今回の対応では、〔インシデント対応の整理〕の(6)のログの解析作業において、各ログ間の前後関係がすぐには特定できず、作業に手間取るという事象が発生した。①このための対策を実施すべきである

【出典:応用情報技術者試験 平成24年度春期午後問9(一部、加工あり)】

①の最も適切な対策:NTPサーバをネットワーク内に設置して、各機器の時刻を同期させる。

 「各ログ間の前後関係がすぐには特定できず」とあり、それぞれの機器のログの時刻がズレがあった可能性があります。これは各機器の内部時計により稼働していることが想定されます。

 ネットワーク内で発生したインシデントに対するログの管理・分析を行うのであれば、各機器の時刻は同期されている必要があります。