やさしいネットワークとセキュリティ

ネットワーク・セキュリティエンジニアの視点から各種テクノロジーと資格試験対策をやさしく解説します。

履歴書

人生の節目において履歴書を書くことが大切だ

実際に書かなくても、自分自身の棚卸しが必要なんだと思う。

30年前に就職活動で履歴書、今はエントリーシートって言うのかな、を書いて以来、社会人になってから自分をアピールすることって、そんなに多くはない。

目標管理制度などで半期毎の業績評価を上司にアピールすることはあっても、自分自身のことではなく、あくまでも会社に貢献した業績だ。

技術士という資格試験では最終段階で面接試験が実施される。これまで自分で経験した業務で、課題を定義し、工夫した取り組みを説明する。自分自身のアピールではない。

就職面接で問われるのは、自分がこれまで何をしてきたか、この会社に入って何をしたいかということだ。

社会経験のない時点では夢を語るくらいしかできないだろう。それはそれで若さの特権だ。

社会人として経験してきた過程を踏まえた今だからこそ、社会に貢献したこと、これかで貢献できることを改めて考え直すいい機会だろう 

年齢を重ねて一層、胸を張って自分自身が社会貢献していること、有益な人材であることをアピールできるよう、恥ずかしくない人生を歩んでいきたい。